生理痛の市販薬が効かない場合の対処法

生理痛の市販薬が効かない場合の対処法

生理痛がひどい時には、市販薬を飲む女性は多いようです。医療機関に行くのは抵抗がある、受診する時間が取れない…などの時には、身近なドラッグストアなどでも販売されている市販薬を購入した方が便利でしょう。

しかし、市販薬が必ずしも生理痛に効果的とは限りません。原因によっては効果が実感できない可能性も考えられますし、その人の体質に合わない場合もあるのです。また、薬自体が鎮痛効果のある成分量が少ないために、効果が実感しづらい可能性もあります。

せっかく購入したのに効果が実感できないようであれば、結局損をすることになるため、商品の見極めは大切です。まずは、どのような市販薬が効果的なのか、インターネットなどを通じて調べてみると良いでしょう。人気が高く、多くの人が効果が実感できたという商品があれば、試してみる価値はあるはずです。

それでも効果が得られない場合は、生活習慣を見直しましょう。最もオススメなのは食生活の改善です。油分や糖分を多く摂取すると体の代謝が落ち、血行が悪化して生理痛が悪化することは多いのです。基本的には血行を促進することがポイントですから、意識して実践してみましょう。

また、病気が原因の可能性も考えられますので、もし気になるのなら受診をした方が良いのではないでしょうか。やはり市販薬よりも医療機関で処方される薬の方が効果は高いですし、きちんと検査をした上で、その人に合った薬を処方してもらえます。婦人科に行くのは抵抗があるかもしれませんが、行くことで生理痛が緩和されたり、原因が特定できるのであれば、きっと嬉しいはずです。

女性は生理痛で悩んでいる人が多いですから、恥ずかしいことではありません。市販薬で効果が無い場合は、何かしらの原因があるはずですから、その原因を突き止めて、それを取り除くことが1番です。医師なら今まで生理痛で悩んでいる多くの人を見てきていますので、きっと何かしらの解決策をアドバイスしてくれるのではないでしょうか。