漢方薬と生理痛

漢方薬と生理痛

女性には悩みがいろいろありますが、生理痛もその悩みのうちのひとつとなるのではないでしょうか。痛みは人それぞれちがいますが、下腹部痛だけではなく、頭痛や吐き気などを引き起こすこともあり、ひどい人は日常生活に支障をきたしてしまうこともあるようです。痛みが強くて我慢できない場合には鎮痛剤を飲むという人が多いと思いますが、中には薬には少し抵抗がある人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめなのは東洋医学である漢方薬です。漢方薬は体に優しく副作用もほとんどないので、安心して飲む事ができます。ただ、即効性はあまり期待できないので、じっくりと飲み続ける必要があります。漢方薬は症状を改善するというよりは、体質を素から改善するためのものなのです。漢方薬というと苦くてのみにくそうというイメージが強いのですが、最近はサプリメントのように粒状になっていたり、顆粒状になっているなど、飲みやすいものも増えているようです。薬と併用できることもあるので、漢方の専門家や医師に相談しながら自分にあった漢方を取り入れて、生理通を緩和してみてはいかがでしょうか。生理痛に効果があるといわれている漢方をいくつか紹介します。

・「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」
体が疲れていると栄養が子宮まで運ばれないことが起こります。そんな場合には代謝も悪くなり冷え性になったり、貧血気味の人が多いようです。特徴としては、生理後半に生理痛を感じるようです。このような原因の生理痛におすすめなのが「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」なのです。当帰芍薬散は、栄養物質を増やしてくれる効果があるので、代謝があがったり、疲労回復効果も期待できます。

・「加味逍遥散(かみしょうようさん)」
血液の流れを改善し、ホルモンバランスを整えてくれる効果がある漢方です。生理中はイライラしがちな人にも、精神安定効果が期待できるのでオススメです。生理痛だけではなく、精神不安定や更年期障害にも使用されている漢方のようです。

・「桂枝ぶく苓丸(けいしぶくりょうがん)」
まだ生理がきていないのに生理痛のような痛みがあったり、さすような痛みがあり寝込んでしまうなど、生理痛のひどい人の原因は、血液循環の悪さも考えられます。血液循環が悪くなる原因は、冷えやストレスなどが考えられます。冷え性だったり、顔色が悪い人、あざやシミができやすい人、唇が紫色の人などに多いようです。「桂枝ぶく苓丸(けいしぶくりょうがん)」は、血流をよくしてくれる効果がある漢方薬なのです。

漢方薬は自分に合ったものを取り入れることが大切です。まずは専門家や医師に相談してあっているものを処方してもらいましょう。