冷えが原因の生理痛に効果的なツボ

冷えが原因の生理痛に効果的なツボ

女性の多くは、痛みや症状に違いはあっても、多くの人が生理痛を経験しているのではないでしょうか。生理痛の原因も、ホルモンバランスやストレスなどいろいろ考えられますが、冷えも大きな原因のひとつです。体が冷えていると血液の循環が悪くなってしまい、それが生理痛を引き起こしたり、悪化させたりしてしまうのです。最近の女性は薄着が多く、体が冷えやすくなっています。日常的に体を冷やさないようにしたり、お風呂などで体を温めることが理想的ですが、冷えが原因となる生理痛を緩和するツボもあります。生理痛はつらいけど、薬には頼るたくないなどという人にオススメです。

冷えが原因の生理痛に効果的といわれているツボは、「次りょう(じりょう)」「血海(けっかい)」などです。「次りょう(じりょう)」は、火rただが冷えてしまったことで生理痛が悪化したときに効果的なツボといわれています。腰を折り曲げたときに2つの骨が盛り上がります。その骨の内側の側面にある、指の入りやすいところにあるのが、次りょうです。
体が冷えるとそこの筋肉が萎縮してしまうので、親指を使い揉み解すように刺激してあげましょう。もうひとつのツボである、「血海」は、子宮の血流を良くしてくれるので、ホルモンバランスを整えてくれる効果も期待できます。
血海は、ひざの皿の内側から指3本分ほど上がったところにあります。片ヒザを立ててすわり、ツボを刺激する足とは反対の手で膝頭を包み込むようにして、親指で血海をゆっくりと刺激しましょう。痛いような気持ちがいいような感覚の部分が血海です。ツボを押すことで、生理痛の緩和に効果があるようですが、

大切なのは体を冷やさないことです。冬はもちろんですが、夏でも冷房の強いところでは、カーディガンを1枚はおったり、冷たい食べ物ばかり飲みすぎないように、日ごろから冷えには気をつけたいですね。運動を取り入れて血行を良くするのも効果的のようです。生理痛の緩和や予防のためにも、一度生活を見直してみてはいかがでしょうか。