生理痛緩和レシピ

生理痛緩和レシピ

生理痛はホルモンバランスやストレス、食生活と深く関係しています。生理痛の程度は人によって違いますが、動けなくなるほどの痛みを伴う人もいるようです。生理痛は肉体的にも精神的にもきついので、生理通緩和食材を取り入れた食事で、少しでも痛みを緩和、予防できたらいいですね。

エストロゲンという女性ホルモンの一種と似たような働きをするといわれている、イソフラボン。ホルモンバランスを整えてくれるので、生理痛予防、緩和におすすめの成分です。そんなイソフラボンを取り入れたレシピを紹介します。

まずは、手軽に作れるサラダ。「お豆の和風サラダ」です。大豆の水煮や、お好みの豆の水煮の水気を切っておきます。きゅうりは豆の大きさに合わせた角切り、ちくわも豆の大きさに合わせてきっておきます。人参も豆位の大きさの角切りにし、軽くゆでるか電子レンジにかけて火を通します。マヨネーズに味噌を入れ、牛乳も少し加えてドレッシングを作ります。すべての材料を混ぜ合わせ、お皿に盛り付け、白ゴマを振って出来上がりです。ドレッシングはゴマドレッシングにしてもいいですし、ただの和風ドレッシングであえてもいいので、アレンジができるサラダです。

もうひとつは、「サンマの納豆揚げ」です。サンマは3枚におろし、食べやすい大きさにきっておきます。3枚におろせないという人は、最近はスーパーでお願いするとやってくれるので、聞いてみるといいですよ。きったサンマはビニール袋に入れて、醤油を加えてい軽くもみます。これでサンマの生臭さを消す効果と下味をつけることができます。そこに、納豆と小麦粉を加えてもみあわせます。それを油でかりっと揚げれば出来上がりです。代謝アップ効果のあるDHAやEPAと、イソフラボンを一緒にとることができるので、おすすめですよ。

ただ、イソフラボンなど、生理痛の緩和に効果的なものばかり食べればいいというわけではありません。基本はバランスの取れた食事なので、食物繊維などもしっかりと取り入れましょう。