子宮内膜症による生理痛を緩和するには?

子宮内膜症による生理痛を緩和するには?

ひどい生理痛で悩まされている場合は子宮内膜症が原因であることもありますが、万が一子宮内膜症だった場合、どうすれば生理痛が緩和されるのか知りたい女性も多いでしょう。

子宮内膜症が原因の場合は、ストレッチをしたり、安静に過ごす…というよりは、やはり医療機関で治療を受けるのが1番です。必要があれば手術を受けることもありますが、原因となっている内膜を除去することにより、生理痛の痛みは緩和されるはずですから安心して下さい。

また、医療機関で子宮内膜症だと診断された場合は、治療を受ける事になります。薬を処方されることも多いのですが、その薬を服用することで生理痛の痛みが緩和される可能性はあるのです。すぐにでも何とかしたい…と思っているのなら、医療機関を受診して薬を処方してもらった方が良いでしょう。

それでも痛みが良くならないようであれば、自分で痛みを感じる部分をマッサージしてみましょう。そうすれば、少しは痛みが和らぐ可能性があります。子宮内膜症かも…という不安から、なかなか医療機関に足を運べないと悩んでいる女性もいるでしょうが、少しでも早く痛みを何とかしたいのなら、受診するべきです。

確かに手術と聞けば怖いでしょうが、早期発見ができれば、薬で治療することは充分可能です。いずれにしても、医師と相談しながら治療方法を決めるはずですから、まずは信頼できる医師を探すためにも医療機関を受診しましょう。こればかりはなんとも言えませんので、もしセカンドオピニオンが必要だと感じたら、別の医療機関を受診するなどして対応してみて下さい。少し時間は掛かりますが、女性にとって子宮内膜症を発症することは非常に辛いことでしょうから、後悔しないためにも、じっくりと治療方法についても検討することが大切です。薬についても相性がありますので、副作用が強かったり、効果が無いと感じた場合は、医師に相談してみましょう。治療後は必ず生理痛が緩和されるとも言えませんが、緩和できる可能性があるのなら、治療を受けるべきです。放置することで、下腹部痛や腰痛以外にも様々な症状が現れるかもしれませんので、気を付けて下さい。