生理痛に使用する薬とは?

生理痛に使用する薬とは?

1ヶ月に1回ほど訪れる生理。イライラしたり、痛みがあったり不快感が合ったり、生理になるととても憂鬱になりますよね。中には生理痛がひどく、家事や仕事ができないなど、生活に支障が出てしまうことがあります。そんな生理痛のことを月経困難症ともいいい、病院での治療が必要となる場合もあるのです。生理痛の緩和方法は体を温めたり、食生活を改善するなどいろいろな方法が紹介されていますが、それでも我慢できないような痛みがある場合には、薬を取り入れるという方法もあるでしょう。月経困難症も2種類に分けることができ、それによって使用する薬が変わってきます。月経困難症には、子宮筋腫や子宮内膜症など、子宮の病気が原因となっている、器質性月経困難症の場合と、プロスタグランジンという物質が過剰分泌されるためにおこる、機能性月経困難症の場合があるです。

月経困難症には「低用量ピル」や」「ダナゾール製剤」「GnRHアゴニスト製剤」が使用されます。低用量ピルは、避妊のための薬というイメージが強いですが、子宮内膜の増殖を抑えてくれる効果があります。生理痛の原因となるプロスタグランジンは子宮内膜内に含まれているので、低用量ピルを飲むことで痛みを軽減したり、出血を減らすことができるようです。ダナゾール製剤は男性ホルモンと似た働きをする薬です。男性ホルモンを増やすことで、排卵のために必要な女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量をおさえ、排卵させないようにする薬です。GnRHアゴニスト製剤はというと、エストロゲンの分泌自体を押さえ、生理をとめる薬です。生理をとめてしまうので、子宮内膜の増殖を抑えてくれます。一般的な鎮痛剤は、プロスタグランジンが生成されるのを抑制する効果があるので、生理痛の緩和に効果的です。生理痛がおきてから鎮痛剤を飲むよりも、生理痛になる前に飲んだほうが効果的のようです。

自分の生理痛の原因が何なのかということは、自分ではなかなか判断できないもの。痛みが強くてつらい、いつもと違うような症状があるという場合には、まずは産婦人科を受診してみましょう。医師が症状にあった薬を処方してくれるはずです。どんな薬を飲むときにも、用法用量を守ることが大切です。また、病院でも漢方薬を処方してくれる場合もあるようです。薬を飲むのに少し抵抗があるという人は医師に相談してみるという方法もあります。