月経困難症って何?

月経困難症って何?

多くの女性が経験している生理痛。人によって痛みはさまざまですが、日常生活に支障が出てしまうほどの痛みがある人もいます。月経困難症といわれていて、生理痛の痛みから、仕事にいけなかったり、家事ができないなどがおこるのです。この月経困難症も二つの種類に分けることができます。

1つ目は、月経困難症の中で一番奥の人に当てはまりまる、機能性月経困難症です。また10代から20代に多い症状です。原因はプロスタグランジンという物質です。プロスタグランジンは、子宮内膜で作られていて、
生理の血を体の外に出す役割をしています。しかし、分泌量が多くなると、子宮の収縮が激しくなってしまうので、生理痛が起きるのです。機能性月経困難症の場合、ピルや鎮痛剤などで症状を緩和させながら治療を行ないます。漢方薬での体質改善も効果的といわれていますよ。

そしてもうひとつは、器質性月経困難症です。機能性月経困難症と違い、子宮内膜症や子宮筋腫など、病気が原因となって生理痛を引き起こしているのです。器質性月経困難症の場合は、鎮痛剤を飲んでも痛みを緩和することはできないので、産婦人科で治療を受ける必要があります。

月経困難症も2つに分けられるとはいえ、自分でどちらの月経困難症かどうかを見分けるのは難しいものです。自己判断で鎮痛剤などを使用するのにはリスクも伴うので、まずは産婦人科で医師の診断を受けましょう。そして治療法や緩和法などを医師と相談するようにしましょう。生理は病気ではなく、病院で治療するものではないと思っている人もいるようです。生理痛で仕事や家事ができなくても、ただの言い訳ととられてしまうこともあるのが現実です。しかし、日常生活に支障が出るほどのものであれば、一度医師に見てもらったほうが安心です。中には病気が原因となっていることもあり、早期発見、早期治療は、改善しやすくなります。いつもと違う症状があったり、痛みが強い場合には医師に相談してみるのがオススメです。