生理痛と頭痛

生理痛と頭痛

生理痛というと、腰が痛かったり重かったり、おなかが痛くなるようなイメージが強いのですが、中には頭痛を訴える人もいます。頭痛といっても人それぞれで、痛みがずっと続く人や、激しい痛みが時々来るという人も要るようです。おなかが痛かったり腰が痛いだけでもつらいのに、頭痛まであると本当に大変です。頭痛が起こる原因は、血行に関係があるのではないかと考えられます。生理前や整理中はホルモンの関係上、血液循環が悪くなってしまいます。それによって血管が頭に値を送ろうとすることで、回りの組織を圧迫してしまい、頭痛などを引き起こしてしまうのです。また血流が悪くなることによる肩こりからきていることも考えられます。ですから、血流を改善することが、頭痛の予防や改善につながるのです。

最近の女性は薄着の傾向があり、冷え性も多くなっています。血流を良くするには体を冷やさないことが一番なので、温かい服装をすることが大切です。保温性の高い下着などを取り入れるのもいいでしょう。また寒いところにいく場合には、ひざ掛けを用意しておくといいでしょう。また、運動も血流改善に効果的です。定期的に運動をすることで、代謝が良くなり、冷え症を根本から改善することができます。手っ取り早いのは、お風呂で温まることです。ぬるめのお湯にゆっくりと使ってから談戊辰から温めるのがオススメです。そして、体を温めてもどうしても痛みが引かないようであれば、鎮痛剤に頼るのもいいでしょう。痛みが強いときには我慢しすぎずに鎮痛剤を飲みましょう。ただ、薬ばかりに頼るというのはいいことではありません。毎日体を冷やさないようにすることで、体が改善され、頭痛の予防にもなるでしょう。毎日の生活を見直してみて、体を冷やさず、血流を良くするように心がけましょう。食べ物などに気をつけるのもひとつの方法ですよ。根菜類や香味野菜など、体を温めるものを積極的に取り入れましょう。