生理痛の緩和方法

生理痛の緩和方法

女性が妊娠、出産のために必要である生理。しかし生理になると痛みがあったり体調が悪くなったり、イライラしたりと、生理予定日が来ると憂鬱な気分いなってしまう人も少なくないようです。生理痛には個人差があります。全くいつもと変わらない生活ができ、痛みもないという人も要れば、起き上がれないくらい痛みがあったり、イライラと精神状態が不安定になってしまう人もいます。生理痛がつらい場合には、鎮痛剤を取り入れる人もいると思いますが、薬ばかりに頼っているわけにもいきません。1週間ほどすれば生理も終わるからといって我慢するのもつらいですよね。少しでも生理痛がラクになるように、自分で出来る緩和方法をいくつか紹介します。

まず1つ目は、生理痛打ということを気にしないこと。かなり難しい方法ではありますが、ほかの事に集中すると痛みなどから意識を遠ざけることができます。イタイイイと生理痛のことばかりを考えていないで、趣味など集中できるものに取り組んで見ましょう。そして、2つ目は体を温めることです。生理痛の一番の天敵は冷えです。体が冷えてしまうと生理痛が強くなるので、体を冷やさないように気をつけましょう。服装はできるだけ暖かい服装にし、お腹や腰の辺りは特に冷やさないように気をつけましょう。湯たんぽやカイロなどを使って、お腹や腰周りを温めるのも効果的です。お風呂に使ってゆっくりと体を温めるのもいいでしょう。生理痛に効くと言われている食べ物もあります。それは、大豆製品です。大豆には女性ホルモンと同じような働きをする成分が入っているので、それをとることで痛みが和らぐといわれています。しかし、ナッツ類やチョコレート類は生理痛悪化につながるので食べないようにしたいですね。

そして、鎮痛剤を使うのもいいでしょう。一度飲むと手放せなくなってしまうという思いもありますが、本当に痛みが強い1日目から3日目位の間、鎮痛剤を飲んで痛みを和らげることができればいいとおもいます。痛みを我慢しているのはつらいので、本当につらいときにだけ鎮痛剤を飲むのもいいと思います。いろいろな方法を取り入れて生理痛を少しでも和らげましょう。