生理痛と吐き気がひどい場合は子宮内膜症?

生理痛と吐き気がひどい場合は子宮内膜症?

生理の時に生理痛がひどく、下腹部などが非常に強く痛む女性は多いでしょう。生活習慣の乱れなどによって生理痛がひどくなる可能性はありますので、下腹部痛で悩まされるのは不思議なことではありません。

しかし、生理痛だけでなく、吐き気も生じるのであれば、子宮内膜症が原因かもしれません。子宮内膜症になると生理の時に吐き気・下痢・嘔吐などの症状が現れる可能性があるのです。

子宮内膜症が原因で生理痛や下腹部痛が生じるのは、子宮内膜の組織が骨盤の臓器にくっつきやすくなるためなのです。子宮内膜症は子宮内膜以外の部分に内膜が出来てしまう状態を指しますが、その他のところに出来てしまったとしても、増殖・出血を繰り返すことになります。しかし、出血しても体外に排出されないため、生理痛が悪化するなどの症状が現れやすいのです。

子宮内膜症になると胃腸に関するトラブルが起こりやすくなるため、吐き気・嘔吐・下痢といった症状が現れやすくなりますので、生理の時にこのような症状が現れるのであれば要注意です。その他には、性交痛や排便痛が生じることもあるため、自分の症状と比較してみて下さい。

しかし、子宮内膜症だと診断された場合でも、治療方法はいくつか挙げられますので安心して下さい。特に吐き気の場合は、毎月生じるのは辛いでしょうし、仕事なども休む必要が出てくるでしょう。一刻も早く治療を受けることが大切です。

子宮内膜が子宮以外の部分に出来てしまったとなると、手術をするように思えるかもしれませんが、初期段階であれば手術をせずに治療を受けることも可能です。たとえばホルモン療法があり、ホルモンを補って排卵を停止させることにより、子宮内膜の増殖を抑制して、吐き気や痛みなどを感じにくくすることができます。

また、子宮内膜症の場合は一般的な鎮痛剤だと効果が実感しにくい場合もありますが、医療機関であれば、市販の薬よりも効果が高いものを処方してもらうことが可能です。吐き気などの場合は、胃腸の不快感に効果的な薬を処方してもらうことも可能ですので、相談してみると良いでしょう。

もしかすると子宮内膜症かもしれない…と聞けば、誰でも不安になるでしょう。しかし、早めに治療を開始すれば手術をせずに済む可能性はありますし、痛みや吐き気などの症状も改善されるのであれば、一刻も早く治療を受けた方が安心ですので、検討してみて下さい。