生理痛の原因が子宮内膜症ならピルを用いる方法も

生理痛の原因が子宮内膜症ならピルを用いる方法も

子宮内膜症が原因で生理痛がひどくなる場合もあります。子宮内膜症とは何か気になる人は多いでしょうが、子宮内膜は通常であれば、子宮の内側に出来るという特徴があります。妊娠しない場合は子宮内膜が剥がれ落ちて出血が起き、それが生理となるのです。

しかし、たまに子宮の内側では無く、卵巣など、他の部分にできることがあります。そうすると、通常通り内膜が剥がれることが出来なくなるため、様々なトラブルが生じるのです。

子宮内膜が剥がれ落ちることによって生理が起こるわけですが、それが困難になると、生理痛がひどくなるという特徴があります。一般的な生理痛であれば、鎮痛剤を服用することで痛みが緩和されやすいですが、子宮内膜症が原因の場合は鎮痛剤ではほとんど効果が得られません。

生理痛があまりにひどい場合に婦人科を受診する人もいるでしょうが、その時に検査した結果、子宮内膜症と診断されることがあります。診断された場合は、当然ですが治療する必要があります。

治療方法の1つがピルを用いる方法です、ピルを服用することで、体内のホルモンを補うことができますが、補うことによって生理痛の痛みが緩和されるというメリットがあります。また、子宮内膜症は放置すると、どんどん症状が進行するのですが、ピルを服用することで、進行を防ぐことができるのです。

必ずしもピルを服用するわけでは無く、その他のホルモン剤が用いられることもあります。その人の症状に合わせて、医師が薬を判断するため、医師に詳しい話を聞いた上で治療方法を決めていくと良いでしょう。また、薬は少なからず副作用があるため、副作用についてもきちんと把握しておくことが大切です。

初期段階であれば、薬を服用するだけで治療ができることが多い病気です。しかし、症状が進行すれば手術をする必要もあるため、早めに気付く必要があります。もし生理痛があまりにもひどく、緩和方法を実践してもあまり効果が見られないようであれば子宮内膜症の可能性が考えられるため、検査を受けた方が良いでしょう。