生理痛と子宮内膜症の関係

生理痛と子宮内膜症の関係

器質性月経困難症の原因のひとつとなる子宮内膜症。30代40代に多いといわれていた病気でしたが、最近は初経年齢が早まってきているため、患者の年齢も低年齢化してきているようで、10代や20代の患者も多くなってきているようです。子宮内膜症になっていると、毎月生理のたびに炎症を起こしてしまうので、痛みが強く出る場合があリます。また、多くの場合が閉経まで少しづつ進行していくようです。

子宮の内側だけにある子宮内膜。それが子宮の内側以外に出来てしまうのが子宮内膜症です。子宮以外にできてしまった内膜も、女性ホルモンの影響を受けて、通常の子宮内膜と同じように増殖したり出血したりを繰り返します。ただ、子宮以外の内膜が増殖しても体外には排出されないため、生理になると炎症を引き起こしてしまうのです。子宮内膜症が一番発生しやすいといわれているのは卵巣です。卵巣内に内膜が発生すると、チョコレートのようにどろっとした血液がたまってしまい、卵巣が大きく腫れて、嚢胞となります。これを卵巣チョコレート嚢胞といいます。卵巣だけではなく、腹膜、ダグラス窩、仙骨子宮靭帯、膀胱子宮窩などにも、発生することがあるようです。また、腸や肺、へそ、腟、外陰部、リンパ節などの骨盤外の臓器に発生することもあり、これを他臓器子宮内膜症といいます。まれに、帝王切開などの手術跡に発生することもあるようです。

気になる子宮内膜症の発症原因ですが、実は明らかなことはわかっていないようです。有力な説としては、生理のときに剥がれ落ちた一部の子宮内膜が体外に排出されずに卵巣やそのほかの部分に移動してしまったというものと、上皮細胞が子宮内膜細胞に代わるという説があるようです。子宮内膜症は慢性疾患です。ですから閉経まで長く付き合っていかなくてはいけません。しかし、子宮内膜症になると生理痛の痛みが強くなったり、他にもいろいろな症状が現れます。その症状が日常生活に影響を与えてしまうことも考えられます。症状の多くは婦人科で治療することができるので、もしかして子宮内膜症かもしれないと思ったら、病院を受診し相談してみることをおすすめします。