生理痛のタイプを知ろう

生理痛のタイプを知ろう

生理痛といっても症状や痛みの度合いはさまざま。ひとりひとり症状が違うといってもいいでしょう。そんな生理痛ですが、大きく分けると2つのタイプに分けることができます。

まず1つは、子宮や卵巣などに病気が隠れている月経困難症である、器質性月経困難症で、20代後半から多くなるといわれていています。生理痛というと生理初日から3日目くらいまでに痛みなどがある人が多いのですが、3日目頃をすぎても痛みが継続して起こっていたり、生理期間ではなくても痛みがあることもあるようです。もしも気になる症状があるという場合には、病院を受診してみましょう。受診して何も問題がなければそれに越したことはありません。

そしてもうひとつのタイプが、病気が原因ではない、機能性月経困難症です。一般的には思春期から20代前半に多いといわれていますが、体質や心理的ストレスなどが原因となっていると考えられています。体質でいうと、子宮や卵巣がまだ未成熟であることや、プロスタグランジンという子宮の収縮を促進する物質の分泌量が多いことがあげられます。また、体の冷えも原因となってしまうので気をつけたいですね。機能性月経困難症の場合には、痛みを軽減することを考えましょう。使い捨てカイロでお腹や腰を温めることで、血液循環が良くなり、痛みを和らげることができます。同じようにからだあを温めて血液循環を良くする効果がある、お風呂や足湯、腰湯なども効果的です。体操をして代謝をアップさせるのも効果的のようです。腰を回して骨盤を緩めることで、骨盤周りの血流が良くなるので、生理痛緩和に効果的のようです。そのほかには、ホルモンをコントロールする薬や鎮痛剤、漢方薬を取り入れる方法もあります。

まずは自分のタイプを知り、器質性月経困難症かもしれないと思う場合には、病院を受診し、機能性月経困難症の場合には、緩和できる方法を探してみましょう。毎日の生活を改善することも生理痛の緩和につながるようです。自分に合った方法を取り入れて生理痛を緩和できるといいですね。