生理痛が起こる原因とは?

生理痛が起こる原因とは?

妊娠や出産のために必要である生理ですが、毎月生理痛があるという女性も多いものです。生理痛といっても、痛みや症状は人それぞれです。そもそも、生理痛というのはどうして起こるものなのでしょうか。

まずは、月経前の状態です。排卵後から女性ホルモンのひとつである、黄体ホルモンの分泌量が急激にアップします。そして、妊娠が成立しないと生理が起こることでいっきに減少します。このホルモンの大きな変化が自律神経のバランスを崩してしまい、イライラや頭痛、体のだるさなどの症状を引きこします。また、乳腺を発達させたり、体の水分を引き出したり、体温をあげるなどの症状も起こりやすく、生理1から2週間ほど前から始まるといわれています。この症状を月経前症候群といいます。

そして、月経前半にはプロスタグランジンという物質が急激に増加します。プロスタグランジンは、子宮の収縮を促進する働きがあり、生理の経血を外に排出させてくれます。しかし、プロスタグランジンが多くなりすぎることで子宮の収縮が強くなってしまい、下腹部の鈍痛やキリキリとした痛みにつながるのです。また、血管を収縮させる働きもあるため、冷えや腰痛、だるさなどを引き起こしてしまうこともあるようです。陣痛のときの痛みの原因もこのプロスタグランジンが影響しているのですが、生理痛の痛みもこのプロスタグランジンが原因となっています。生理痛がない女性よりも、生理痛がある女性のほうがプロスタグランジンが多いこともわかっています。胃腸にも影響を与えるので下痢や吐き気を引き起こしてしまうこともあるようです。

月経後半になると、血の流れが滞りやすくうっ血してしまいます。骨盤周りの血液の流れが悪くなるので、下腹部の鈍痛や、腰が重い感じを引き起こします。症状が軽い場合には、半身浴で体を温めたり、体を温める食べ物を食べるなど、うっ血を改善することで、生理通も改善することができます。このようにホルモンなどの変化が生理痛を引き起こしているのです。ただ、それ以外にも、晩婚化や月経年齢の低下、出産数の低下、閉経年齢の上昇などのライフサイクルも生理痛には関係しているようです。