生理痛がひどい人の出産時の様子は?

生理痛がひどい人の出産時の様子は?

生理痛がひどい人は安産だという噂もありますので、女性なら1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、これは噂であり、残念ながら本当のことではありません。生理痛がひどい人は安産だろうと思いこんで出産に臨むと、想像以上の痛みで驚く可能性もありますので、注意が必要です。

また、普段から生理痛の辛い痛みを経験しているので、その分陣痛の時の痛みや出産時の痛みが軽く感じるという噂もあります。確かに、陣痛は最初下腹部痛のような形で生じますので、いつも生理痛がひどい人は陣痛が余計に弱い痛みに感じて、気づきにくい可能性はあります。また、前駆陣痛の場合は特に弱い痛みですし、痛みの感覚もまばらですから、気づかないかもしれません。しかし、陣痛の痛みはどんどん強くなりますので、絶対に途中で気づくことになるでしょう。

それから出産時の痛みですが、出産時の痛みは、どんなに生理痛がひどい人でも、耐えきれないような強い痛みですから、生理痛が軽い人のお産が軽く済むとは限りません。やはり生理痛の痛みとは比べ物にならないほど、お産の時の痛みは強いものなのです。ただ、もちろん生理痛がひどくて安産だったという人も多いですから、絶対に難産になるとは限りません。その点は生理痛の度合いでは無く、本当に個人差があるものですから、実際に痛みを経験してみるしかないのです。

少し期待したい気持ちは分かるのですが、それほど期待せずに陣痛を待った方が安心でしょう。ただ、陣痛を緩和する方法はありますので、激しい痛みを想定して対策を考えてみてはいかがでしょうか。そうすれば、万が一強い痛みを生じたとしても、少しは緩和できる可能性があるでしょう。

これから妊娠を希望している人もいるでしょうが、生理痛がひどい人は妊娠しづらい可能性もありますので、その点は注意が必要です。病気が原因の場合は治療をする必要があることも考えられますので、妊娠・出産を考えているのなら、生理痛がひどい原因を探ることから始めてみてはいかがでしょうか。