チョコレートが与える生理痛への影響

チョコレートが与える生理痛への影響

チョコレートが大好きという女性は多いはず。しかし、生理痛が悪化してしまうことの原因のひとつにチョコレートが関係していることがあるというのです。チョコレートには砂糖が含まれています。砂糖には体の細胞を緩ませたり、体を冷やしてしまうという働きがあります。ですから、この砂糖の影響で生理痛を悪化させてしまうというのです。生理痛の原因のひとつに、体の冷えがあげられます。チョコレートを食べることで更に体が冷えてしまい、生理痛をひどくさせてしまうようです。また、砂糖はビタミンやカルシウムをなくしてしまう働きもあるようなのです。それが生理痛のイライラや不快感を津世寝てしまうのだそうです。甘いものはイライラを解消するイメージがありましたが、砂糖はイライラを強めてしまう働きがあるのですね。更に、砂糖はマグネシウムも排出してしまうようです。マグネシウムが不足してしまうと子宮の痙攣につながり、生理痛を悪化させてしまいます。

生理痛の原因となるのは砂糖だけではありません。チョコレートに含まれているカフェインも影響しています。カフェインは体の中に蓄積されると睡眠のバランスが乱れてしまったり、情緒不安定になったり、エネルギーのサイクルを崩してしまうといわれています。このようなことから生理痛があるときにチョコレートを食べることは、生理痛の悪化につながるということなのです。生理の時にはついつい甘いものを食べたくなってしまいますが、チョコレートを食べてしまうことで、痛みを強めてしまったり、イライラを増大させてしまうことにつながるようです。このようなことから、生理痛の時にはチョコレートはさけたほうがよさそうです。

生理中には体を温めるものを積極的にとるようにするといいでしょう。体が温まることで、生理痛の痛みも緩和されるでしょう。しょうがやにんにく、ネギなどの体を温めてくれる効果がある食材を積極的に取り入れるのもいいでしょう。おすすめは具沢山味噌汁です。根菜は体を温めてくれる食材なので、大根や人参、レンコン、ごぼうなどの根菜をたっぷり入れて、食べるときにしょうがや唐辛子を加えてみましょう。体の中からぽかぽかするのを実感できますよ。