生理痛だけじゃない!生理に関係する女性の悩み

生理痛だけじゃない!生理に関係する女性の悩み

生理になると、おなかが痛くなったり腰が痛くなったり、頭痛や肩こり、吐き気、憂鬱、イライラなどの症状が現れる生理痛。症状は人それぞれ違いますが、ひどい人は生活に支障をきたしてしまうほどのつらさがあるようです。そのような症状を月経困難症といいますが、生理にまつわる女性の悩みは生理痛だけではありません。生理前になると決まって不快な症状が現れる月経前症候群、月経前不快気分障害などもつらい症状です。そのほかにも、女性は生理に関するいろいろなトラブルを抱えているのです。

生理不順もそのひとつです。生理周期は個人差があり、多少の乱れは心配ありませんが、
理周期が短すぎて1ヶ月に何度か生理が来る頻発月経や、生理周期が長すぎる稀発月経、それ以外でも、生理期間が長すぎたり、短すぎたり、出血が異常に多かったり少なかったりすることも生理不順のひとつです。生理不順はホルモンバランスの乱れや肥満、痩せすぎm、急激なダイエット、過剰な運動などが原因と考えられるほか、子宮や甲状線機能異常などの病気が潜んでいる場合も考えられます。

また、妊娠しているわけではないのに3ヶ月以上生理が来ないことを無月経といいます。そのままにしておく期間が長いほど悪化してしまうことが考えられるので、早めに病院を受診する必要があります。原因として考えられるのはホルモンの分泌の低下、強いストレス、無理なダイエット、激しい運動のほか、病気が原因の場合も考えられます。

そして、生理以外に出血をする不正出血。生理不順と同じく、ホルモンバランスの乱れが原因となることが多いのですが、膣炎や外陰炎、子宮頸管炎、子宮筋腫、子宮がん、卵巣嚢腫などが原因の場合もあります。不正出血があるのは異常のあらわれと考え、必ず病院を受診しましょう。

そして、意外なところで、ニキビも生理と関係しています。
生理前になるとニキビができるという人も多いのではないでしょうか。思春期のころは、女性にも少しだけある男ホルモンの影響、そして女性ホルモンのバランスが悪いことが原因で、にきびが出来やすくなるのです。20代以降もニキビができる場合には、やはりホルモン分泌が乱れていることになります。ホルモンバランスを整えることで解消できるので、この場合にも病院を受診してみるといいでしょう。

生理と関係するトラブルは多くがホルモンバランスの乱れによっておきているようです。ホルモンバランスを整えるために、規則正しい生活習慣や、バランスのよい食事、ストレスを溜め込まないなどの生活を心がけましょう。