生理が三日目の時の生理痛

生理が三日目の時の生理痛

生理が三日目の時の生理痛は一般的にどのような症状になるかというと、一日目や二日目に比べると痛みも軽くなり、出血量も徐々に減るという場合が多いです。やはり、最も辛いのは一日目と二日目でしょう。

しかし、三日目になっても辛い生理痛で悩まされる人もいます。その場合は月経困難症である可能性も考えられます。三日目以降も痛みが辛い状態が続く場合は月経困難症と診断される人も多く、もし病気が見つかった場合は治療を受ける必要があります。不安に思うかもしれませんが、辛い生理痛の原因を突き止めることは大切なことですから、三日目以降も辛い生理痛で悩んでいるのであれば、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

また、月経困難症は生活習慣が大きく影響していることもあるため、生活習慣を見直すことも大切です。ただ治療を受けるのではなく、生理痛の場合は日常生活の過ごし方の影響が大きいからこそ、その点を見直すことが大切なのです。