生理痛を緩和するには砂糖を控えよう

生理痛を緩和するには砂糖を控えよう

生理痛を緩和する方法の1つに、食生活の見直しが挙げられます。食生活の乱れによって生理痛が悪化することもあるのですが、たとえば砂糖の摂取は生理痛を悪化させてしまうのです。砂糖は料理にも使用するでしょうし、お菓子にも大量に含まれていることも多いですから、摂取しやすいのではないでしょうか。特に女性は甘いものを好む人も多いですから、知らない間に大量に砂糖を摂取している可能性も考えられます。

毎日のように、過剰に砂糖を摂取していることが原因で生理痛が悪化しているかもしれません。

砂糖を摂取すると、血液の粘度が高くなり、血液の流れが悪化してしまうのです。血液の流れが悪化すれば体が冷えやすくなり、生理痛が悪化するというわけです。生理痛だけでなく、便秘、肩こり、疲労などの症状も引き起こすため、体調不良で悩んでいる人は、砂糖の摂取量に気を付けてみて下さい。

もちろん、砂糖の摂取は体重の増加にも影響しますので、ダイエットをしたいと思っている人も思い切って控えることが大切です。生理痛で悩まされるのは辛いでしょうし、糖尿病などの危険性を考慮すると、やはり少しでも早く砂糖の摂取量を見直す必要があるでしょう。