生理痛で寒気と熱が生じる場合

生理痛で寒気と熱が生じる場合

生理痛がひどく、寒気と熱が生じる場合は、月経困難症である可能性が考えられます。

月経困難症というのは、生理痛があまりにもひどく、日常生活に支障をきたすような状態のことを指します。具体的な症状ですが、下腹部痛や腰痛に加え、頭痛、吐き気、寒気、発熱、貧血、下痢や便秘を生じることもあり、いくつかの症状を訴える人も多いのです。このような症状を見ると、寒気や熱も含まれているため、これらの症状が現れている場合は月経困難症の可能性が考えられるのです。

月経困難症には2種類あり、子宮の収縮が原因で起こっている機能性月経困難症、特定の病気が原因で起こる器質性月経困難症が挙げられます。病気が原因の場合は治療を受ける必要がありますし、子宮収縮が原因の場合は、子宮の収縮を抑制する工夫が必要です。

原因となる病気としては、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮腺筋症が挙げられますので、早めの治療が必要です。

寒気や熱が生じるのは辛いでしょうから、少しでも早く解決するためにも、婦人科を受診して月経困難症なのかどうかを判断してもらうと良いでしょう。