生理痛は産婦人科でピルが処方されることも

生理痛は産婦人科でピルが処方されることも

生理痛を改善するために、産婦人科でピルが処方されることもあります。低用量ピルは体内で分泌されるエストロゲンとプロゲステロンというホルモンに似たものが含まれているため、服用することにより、ホルモンバランスを整えることができます。

また、子宮内膜の増殖を抑制する作用もありますので、痛みの原因となる物質の働きを抑制できるという特徴があります。子宮内膜が増殖すると子宮の収縮を促進するプロスタグランジンという物質が体内で増え、生理痛の痛みが強くなるのです。

また、生理痛の緩和だけでなく、出血量自体も少し減るとも言われているため、貧血なども改善される可能性があります。

このような理由から、生理痛で悩んでいる場合は低用量ピルが処方されることがあるのです。もちろん、避妊薬としても利用できますが、生理痛の改善にも向いていますので、自分で生理痛を緩和することが難しいのであれば、低用量ピルの服用を検討してみると良いでしょう。

ただし、ピルを服用すると妊娠しにくくなるため、妊娠を希望している人は医師に相談してみて下さい。