生理痛の産婦人科での診察

生理痛の産婦人科での診察

生理痛が悩みで産婦人科を受診した場合、当然ですが診察を受けることになります。

診察ではどのようなことをするのかというと、まずは問診です。生理周期がどのくらいなのか、何日ぐらい生理が続くのか、最終月経はいつか、初経の年齢、性体験があるか否かなどを確認されることが多いです。やはり生理の状態についてはホルモンバランスが整っているかどうかの見極めにもなりますので、聞かれやすいです。あらかじめ把握しておくとスムーズにいくでしょう。

それから、腹部のしこりの有無などを確認するために、医師が触診を行います。また、内診をする場合もあるのですが、これは膣内に医師が指を入れて子宮や卵巣の状態を確かめるため、抵抗を感じる女性もいるでしょう。実際に触ることによって病気の可能性などを知ることができますので、大切なことなのです。

主に診察の内容はこのようになっていますが、生理痛の原因特定にも繋がることですから、受けてみてはいかがでしょうか。