生理痛の痛みには個人差がある

生理痛の痛みには個人差がある

生理痛の痛みには個人差がありますので、たとえば仕事をするにあたっても、全く辛くない人もいれば、痛みを我慢できずにまともに仕事ができない人もいるのです。

これだけ個人差があるのは不思議に思うかもしれませんが、ホルモンの分泌量は11人異なるのです。生理になる時には体内のホルモンの分泌量は変化しますが、ホルモンバランスの乱れ方は人によって違いがあるのです。ホルモンバランスの乱れが大きければ、当然生理痛もひどくなるのですが、バランスがあまり乱れない人もいます。

ホルモンバランスを保つためには、生活習慣を見直すことが効果的ですから、自分の努力次第で生理痛が軽くなる場合もあります。特に、年齢を重ねると運動不足になることもあるでしょうが、運動不足はホルモンバランスの乱れを引き起こしますので、適度に毎日運動することが効果的です。

また、忙しい日々を送っていると睡眠不足の状態になることもあるでしょうが、充分な睡眠をとることも大切です。このように、ちょっとしたことを見直すだけでホルモンバランスが整うこともあるため、生理痛がひどい人も意識して改善してみてはいかがでしょうか。