生理痛の個人差の原因について

生理痛の個人差の原因について

生理痛には個人差がありますので、みなさんの周りにも生理痛がひどい人もいれば、軽い人もいるのではないでしょうか。そもそも、なぜ生理痛には個人差があるのかというと、その人の生活習慣に要因がある可能性が考えられます。

たとえば、ストレスを溜めこんでいたり、食生活が乱れていたり(油、糖分の過剰摂取)、睡眠不足であったり・・・色々な原因があるのです。一人一人生活習慣は異なりますので、生活習慣の影響を受ける生理痛の場合も個人差が生じるのは当然だと言えるのではないでしょうか。

もちろん、体質も1人ずつ異なりますので、元々生理痛がひどくなりやすい場合もあるでしょう。結局はホルモンバランスの原因によって生理痛がひどくなりますが、ホルモンバランスの乱れの原因となるプロスタグランジンというホルモンの分泌量が多い人は、生理痛が重くなる傾向にあります。

自分の体内環境について把握するのは難しいでしょうが、生理痛の原因だと思われるものを取り除くことができれば、生理痛が軽くなる場合もありますので、まずは努力をしてみるのがオススメです。