更年期に起こる生理不順と生理痛について

更年期に起こる生理不順と生理痛について

更年期になると、生理不順や生理痛で悩まされることも多いと言われています。生理不順や生理痛の原因は、不規則な生活習慣であることも多いのですが、規則正しい生活をしていても、更年期の場合は生理不順や生理痛が起こることがあります。

その原因は何かと言うと、ホルモンバランスの乱れなのです。更年期になるとホルモンの分泌量が今までと変わるため、体内でも色々な変化が起こり、それに伴って影響を受けることも多いのです。

たとえば生理不順や生理痛もその1つなのですが、ホルモンバランスが乱れると、起こりやすくなりますので、自分ではどうすることもできない場合もあります。そう言われると悩んでしまうかもしれませんが、これは一時的なことですので安心して下さい。更年期を迎え、閉経すれば症状で悩まされることはありません。それまでの間はホルモンバランスの変化によって、どんなに生活習慣を気を付けていたとしても、トラブルが起こることは少なくありません。これから更年期を迎える人は、頭に入れておくと安心でしょう。