生理痛で出血がない更年期の症状

生理痛で出血がない更年期の症状

生理痛のような痛みを感じるにも関わらず、出血がないという更年期のトラブルで悩んでいる人もいます。生理が来た時に、下腹部痛などを生じることが多いですが、更年期になると閉経への準備として生理周期も乱れがちです。ですから、生理痛のような痛みがあっても、出血がないという場合もあります。

出血が無い、若しくはあったとしても12日程度なのであれば、それだけホルモンバランスが乱れていると考えて良いでしょう。閉経への準備が進んでいるはずです。また、人によっては生理痛のような痛みがあっても、出血が起こるまでに少し時間がかかる場合もあります。出血が無い場合はもう少し様子を見て、しばらく経っても生理痛のような痛みがある上に出血が起こらないのであれば、医療機関を受診してみても良いでしょう。