生理の時に身体を温める場合について

生理の時に身体を温める場合について

生理の時軽く身体を動かすと生理痛が楽になるという方もいらっしゃるようですが、生理痛がひどい方の場合、激しい運動は避けたほうがいいとのこと。

軽い運動により気がまぎれたり血行が良くなることで改善する場合もありますが、激しい運動で汗をかき、その汗が冷えることで、せっかく血流がよく痛みが楽に感じるようになったとしても逆効果になる場合もあるそうなのです。

せっかく生理痛を緩和のために運動しても、これではまったく意味がありませんよね。

激しい運動でなく、景色を見ながらの軽いウォーキングなどは、気分転換で痛みを忘れられるという精神面には効果がありそうですが、ひどい生理痛の時には、家でのんびり過ごすほうが良さそうです。

ただ家にいるのも痛みが気になるかと思いますので、身体を激しく動かさず身体を温めることができる足湯を試してみてはいかがでしょうか。

生理の時に湯船に浸かるのが嫌という方も多いのですが、足湯の場合足だけ入るので、ここは問題ありません。

また、下半身から温めることができますので、下半身を温めたいという生理の時にはぴったりの方法です。

足湯の場合には通常のお風呂より熱めのお湯にしていただき、生理の時に敏感になりがちな嗅覚のリラックスも兼ねて、お気に入りのエッセンスオイルを垂らすのもいいのではないでしょうか。

足湯でも汗をかきますので、汗をたくさんかいた場合には、身体が冷えないようにしっかり着替えてくださいね。