生理痛・生理がこない更年期の症状

生理痛・生理がこない更年期の症状

更年期になると、生理痛がひどくなったり、生理がこない状態になることが多いのです。生理がこないのは、いわゆる生理不順ということになりますが、どちらの症状もホルモンバランスの乱れが大きな原因だと言われています。

では、なぜ更年期になるとホルモンバランスが乱れるのかというと、女性は更年期になると閉経を迎えるため、その準備として体内ではホルモンの分泌量に変化が見られるのです。一気にホルモンが分泌されなくなるわけではなく、徐々に少なくなっていきますので、その間に生理痛がひどくなったり、生理がこなくなることが考えられます。

今まで生理痛がほとんど無かった人は、急に生理痛がひどくなると不安に思うでしょう。もちろん辛いと思います。しかし、閉経を迎えるためには体にとって必要なことですから、ある程度の我慢は必要です。

どうしても辛いようであれば、医療機関を受診すると生理痛を緩和する薬を処方してもらうこともできますので、安心して下さい。