生理痛で激痛が更年期に起こる場合

生理痛で激痛が更年期に起こる場合

更年期になると、生理に関するトラブルは起こりやすいと言われています。なぜなら、更年期になると閉経の準備段階に入り、ホルモンの分泌量に変化が見られるからです。ホルモンバランスが乱れることにより、生理痛がひどくなったり、生理不順になることは少なくありません。

しかし、いずれはホルモンバランスの変化によって生理自体が止まり、閉経を迎えるのです。生理痛が激痛なのは辛いでしょうが、閉経への準備段階に入ったと思い、過ごすのが良いでしょう。

生理痛の緩和方法は多々ありますので、できるだけ痛みを感じずに済む方法を実践してみて下さい。でも、あまりにも痛みが強かったり、我慢できないようであれば別の原因も考えられるため、受診をオススメします。更年期になると色々な女性特有の病気にかかる可能性も高くなりますので、症状を見極めることも大切です。