子宮後屈と生理痛について

子宮後屈と生理痛について

辛い生理痛を訴える方は、年齢で若い人のほうが多いと聞きます。

年齢を重ねると痛みを知りある程度コントロールできているので、痛みで苦しむことが少ないのかもしれません。

若い方の生理痛の原因の一つとして、子宮後屈というのがあるそうです。

これは、子宮が本来あるべきところよりもお尻の方によっている状態のようで、出産すると子宮が動き改善するそうですので、出産後生理痛が楽になったという方は、子宮後屈であったという可能性もあるそうです。

これは病気ではないものの、生理の際に経血を排出するときに痛みを生じてしまうようです。

病気や病気でないに関わらず、ひどい生理痛はそうそう軽くならないので、こういった場合の対処として出産以外で方法はないのでしょうか。

運動による筋肉増強で、子宮後屈の改善に効果があるそうなのです。

子宮は毎日動いているので、後屈となっている子宮を前側に動くような運動療法が効果があるとのこと。

早い人だと二日で効果があるそうなのです。

かえる運動というもののようですが、東洋医学の先生のところで学べたりもするそうです。

この運動で、毎月悩んでいた生理痛から離れられると思うと、その運動にとても興味が湧いてきます。