生理痛によって骨盤が痛いのはなぜ?

生理痛によって骨盤が痛いのはなぜ?

生理痛がひどい人は、骨盤が痛いと感じることもあるようです。骨盤の歪みや開きによって、骨盤周辺の血行が悪化するため、その部分が凝ったり、痛みを生じたりするようになるのです。

また、生理の時には骨盤が少し開く状態になるのですが、骨盤が歪んでいると、上手く開かない場合もあります。そうすると痛みを感じることが多くなりますので、いずれにしても生理痛がひどい人は骨盤が歪んだり、開いたりしているかもしれません。

骨盤の歪みや開きなどは色々な原因が考えられます。たとえば妊娠及び出産によって骨盤が開いたままの状態になり、きちんと締まらない場合もあります。また、緊張することが多いと骨盤にも影響を与えますので、精神面に不安がある人はそれが原因かもしれません。

骨盤の歪みなどが原因で痛みが生じているのであれば、骨盤の歪みや開き自体を改善することが大切です。