生理痛と心の持ち方

生理痛と心の持ち方

ひどい生理痛で悩まれる方が多いかと思いますが、逆に今まで一度も生理痛を感じたことがない、という羨ましい方もいらっしゃいます。

そんな人になりたい!と思い、そういった方にいろいろと話しを聞く機会がありましたのでご報告させていただきます。

生活の特徴としては、お風呂は絶対夜入るということがありました。

冷えからくる機能性生理痛があることを考えますと、一日の身体の冷えをその日のうちに取り除くという意味でとても効果がある方法だと思います。

また、健康でいるための指針の一つとして「身体を常に清潔にしておくこと」というのがありますので、その日のうちに汚れを取り除くということもいいですよね。

また、こんな特徴もありました。

「言いたいことは我慢しないで伝える」ということです。

これはストレスをため込まない、ということだと思いますが、この方法はストレスをためないということとともに、楽に生きることができるとっておきの方法ではないかと思います。

言いたいことをしっかり伝えるということ、これは思ったことをただ言うだけでなく、言う相手を尊重して伝える必要があります。

言いたいことを言うだけではケンカになってしまいますし、逆に相手にストレスを与えてしまうことにもなりかねません。

起こったことと言いたいこと、相手と自分でどう折り合いをつけて解決をしていくかを考えることと伝えることのスキルが必要になります。

一朝一夕では手に入れられないスキルかもしれませんが、これによりストレス軽減することができ、その結果として辛い生理痛にならずに済んでいるのではないかと思います。

生理痛とは直接関係なさそうではありますが、ぜひ一度関連の本などを読まれてみてはいかがかと思います。