温泉療法で生理痛を緩和

温泉療法で生理痛を緩和

生理痛の原因は子宮に問題がある場合の器質性生理痛、ストレスや冷えなどが原因の機能性生理痛に分けられますが、どちらの場合にもひどい場合には吐き気やめまいなど、動けないくらい辛いことが多いですよね。

この器質性生理痛と機能性生理痛どちらにも効果があるおすすめな緩和方法が、温泉に入ることです。

昔から身体を治すための湯治場というのが温泉地には存在しますが、症状に効果がある温泉に入ることで治すという治療法で、今でも温泉地に温泉療法を取り入れている病院もあるのです。

身体の冷えや血行不良が生理痛を引き起こす場合、温泉に入ることで冷えと血行不良の両方の改善をすることができます。

温泉には冷えや血行不良に効果がある成分が含まれていることで温まったり身体に良い効果が出てきますが、その成分が入っている湯気を吸いこむことで、身体の外と中から両方効果があるのです。

また、現代は働いていても家にいてもストレスと離れることは難しい状況ですので、たまには温泉でゆっくりとした時間を過ごすということも、機能性生理痛を緩和するということに繋がってきます。

ひどい痛みの場合には薬を飲むとすぐに痛みは緩和されますが、日頃頑張ってくれる大切な身体を労わりストレスを発散し、本来の身体に戻すという意味でも、温泉でゆったり生理痛緩和するのもいいですよね。