生理痛と珈琲の関係について

生理痛と珈琲の関係について

珈琲を飲むことによって生理痛が悪化するとも言われていますので、生理痛がひどい人は、なるべく珈琲を控えた方が良いでしょう。

珈琲は血液の質を弱めると言われている陰性の飲み物の1つなのです。体は陰陽のバランスが保たれている状態が理想的ですが、陰性の飲み物・食べ物ばかり摂取していると、バランスが崩れてしまいやすいのです。また、秋や冬といった季節は特に体が冷えやすく、痛みがひどくなりますので、特に珈琲の摂取には気を付けるようにして下さい。

また、陰性の飲み物・食べ物を摂り過ぎることによって子宮の収縮が促進されるという特徴もあるのです。珈琲の他にも、お肉・チーズ・魚・卵などの食べ物は良くないと言われていますので、珈琲だけでなく、これらの食べ物も控えることを意識してみて下さい。

しかし、絶対に控えた方が良いと言うわけでは無く、1日に1杯程度であれば問題が無い場合もありますので、量を控える努力をすることも大切です。