痛みがひどい場合には産婦人科で相談してみましょう

痛みがひどい場合には産婦人科で相談してみましょう

生理痛緩和のために、簡単な方法としては鎮痛剤の服用がありますよね。

市販の鎮痛剤は手に入りやすく飲めばすぐに楽になるため、とても便利なものといえます。

健康な方は鎮痛剤の服用だけで問題ないと思いますが、痛みには原因がありますので、その痛みは何からきているものなのかを知ることが大切だと考えられます。

多くの方は経血を排出する際の子宮の収縮による痛みの場合が多いと思いますが、中には子宮内膜症や子宮筋腫などが隠れている可能性もあります。

市販の鎮痛剤で痛みが緩和されるからなんともないというわけではなく、その痛みの原因を知ることで、鎮痛剤よりもよりよい生理痛の緩和ができるかもしれないのです。

生理痛で産婦人科に行くのを躊躇されるかもしれませんが、生理痛で通院している方は意外と多いようです。

また、女性の健康をつかさどる産婦人科ですので、なんでも話せる場所として、ぜひ一度行かれてみてはいかがでしょうか。

それでまったく問題がないという場合には、市販の鎮痛剤よりももっといい薬を処方してもらえますので、その場合には安心して服用できますよね。

痛みがない方や薬のアレルギーがある方も、もしもの痛みに備えて一度相談することで、合う鎮痛剤を処方してもらえる可能性がありますので、ぜひご相談してみてください。