生理痛による倦怠感について

生理痛による倦怠感について

生理痛によって倦怠感が生じるのは、決して珍しいことではありません。生理の前になると、ホルモンの分泌量が変化し、ホルモンバランスが崩れます。そうすると、倦怠感が生じやすいと言われています。

特に、生理が始まってから3日間ぐらいは出血量も多いため、倦怠感が生じやすいという特徴があります。特に、ストレスを抱え込むことによって倦怠感は生じやすくなりますので、生理の時は特に意識してストレスを解消することが大切です。

倦怠感がひどいと、何もする気が起きなかったり、仕事ではミスが多くなるなどのトラブルに繋がる恐れもありますので、自分なりの対処法を考えておくと良いでしょう。

また、出血が無いにも関わらず、倦怠感が続くようであれば別の原因も考えられますので注意しましょう。