産婦人科での生理痛の検査

産婦人科での生理痛の検査

産婦人科で生理痛の検査をするのは、決して珍しいことではありません。生理痛で悩んでいる人は多いからこそ、産婦人科に足を運ぶ人は多いのです。

産婦人科での生理痛の検査は何をするのかというと、最初に問診を行います。生理周期、最終月経日、生理痛の症状、痛みの度合い、出血の特徴、生活習慣など、生理痛が重い原因を突き止めるために、様々なことを聞かれますので、あらかじめ準備しておくと良いでしょう。

続いて、卵巣や子宮の状態を確かめるために内診を行うことも多いです。子宮が癒着していないか、動きなどを確認することができます。

続いて、血液検査をするのも一般的です。数値を見て、ホルモンバランスが乱れているか、子宮内膜症ではないかなどを確認できます。

超音波検査をすることにより、卵巣や子宮の大きさをチェックすることができます。場合いよっては、MRICT検査を行うこともあります。子宮内膜症などの病気の疑いがある場合は、このような検査をすることが多いです。

このように、生理痛の検査方法は色々あるのです。産婦人科によっても異なりますが、検査を行うことで原因を突き止めたり、自分に合った治療法を知ることができますので、あまりにも生理痛がひどいのであれば、産婦人科を受診してみると良いでしょう。