生理痛を緩和するために痛みを避けるのは改善するのか

生理痛を緩和するために痛みを避けるのは改善するのか

毎月の生理痛の激痛で、様々な苦労をされている女性は多いことと思います。

その生理痛緩和のためにどんなことをしていますか。

一番多いのは鎮痛剤を飲むことでしょうか。

鎮痛剤は飲めば楽になりますので、痛くなったらどうしようという恐怖からも逃れられる素晴らしいものであると思います。

しかし鎮痛剤は痛み自体は改善するものの、痛みを避けているということに含まれますので、根本的な生理痛の緩和、解決にはならないかもしれません。

生理痛の原因は様々ですが、経血を押し出したり子宮が収縮するために痛くなる場合もあれば、まだ見つかっていない子宮内膜症などが原因で痛む場合もあります。

もし子宮内膜症の場合には、毎月鎮痛剤で痛みを避けるだけでなく、治療が必要な場合もありますので、病院で診察をしていただくほうが安全ですので、市販の鎮痛剤だけでなく一度受診することをオススメします。

その際治療が必要であればその治療により痛みが緩和されますし、もし治療が必要でない場合にはその方にあった薬を処方してもらえるはずです。

痛みだけに焦点を当てのではなく、なぜその痛みがあるのかを診てもらうことで、痛みを避けていれば大丈夫なのか、改善する必要があるのかがわかると思います。

毎月鎮痛剤が必要なくらい辛い生理痛をお持ちの方は、生理痛を改善する必要があるのかをお考えいただければ幸いです。