生理痛とストレスの関係に関して

生理痛とストレスの関係に関して

ストレスを常に感じていると生理痛がひどくなるという話も聞きますが、生理痛がひどい方にとっては生理がくるということを考えるだけでストレスになってしまうことが多いですよね。

生理のストレスといえば、まずはひどい生理痛、その生理痛で生活が制限されること、経血での汚れの心配やにおいの心配など、生理に関するすべてがあげられるかと思います。

特に生理が始まって3日目くらいまでがストレスのピークになるかと思いますが、そのピーク時をストレスなく過ごせたらどれだけ楽でしょうか。

生理痛は心と身体の両方にストレスを感じてしまいますので、生理痛緩和は生理週間をストレスなく過ごすためにとっても重要なことであるかと思われます。

生理痛そのものを緩和するのが一番なのですが、まずはストレスなく過ごすことを目標に、鎮痛剤を飲むことで痛みに対して楽観的になることをおすすめします。

市販の鎮痛剤でも効果がありますが、病院で診察のうえ処方されたほうが気分的に楽になることができますので、それだけでもストレスから離れることができます。

痛みの恐怖から逃れることができるだけで、他のストレス、例えば汚れなどに対しても寛容になれたりするものですので、まずは痛みは緩和することができるという気持ちを持ち、ストレスに感じないことが重要かと思います。

そういった気持ちになれた上で、生理痛を根本から緩和すべく、様々なことを試していただいた方が心と身体のストレスから解放されるのではないでしょうか。