生理痛を理由に欠勤する場合

生理痛を理由に欠勤する場合

生理痛がひどい人は、会社や学校を欠勤したいと思う事もあるでしょう。確かに、痛みがひどい時には仕事どころではなくなってしまうでしょうから、たとえ会社に行ったとしても周囲の人に迷惑を掛けるかもしれません。

しかし、欠勤をするかどうかは自己判断になります。もちろん、生理痛がひどくても会社に行っている人もいますし、毎月のように生理休暇を取ることもできます。生理休暇については決まり事もありますので、一度きちんと確認しておいた方が良いでしょう。いずれにしても、勝手に欠勤するのではなく、生理痛であることを伝えた方が良いです。毎月理由も無いのに欠勤だと思われると、会社で嫌なことを言われてしまうかもしれません。今では生理休暇を採用している会社も増えてきていますので、以前に比べると休みやすい環境だと言えるのではないでしょうか。