急な生理痛の緩和方法について

急な生理痛の緩和方法について

外出先で急に生理になったり、いつもは痛くないけど今回に限って生理痛がひどいという場合、薬を飲むという場合が多いのではないかと思いますが、薬が飲めない方がそのような場合、痛くなったどうしようという気持ちも湧き上がり、とても怖くなります。

緊急時の生理痛緩和の方法は薬意外には、ツボを押していただくの方法はいかがでしょうか。

生理痛がひどい方は生理前後に強烈な痛みを感じるため、その痛みの前後から三陰交というツボを押していただくと、あの恐怖の激痛を緩和することができるのです。

三陰交は、内側の踝に小指をのせるように手をおき、足首の少し上の人差し指が当たる部分でふくらはぎ側の骨沿いにある強い痛みを感じる部分がツボとなります。

かなり強烈な痛みを感じますので、比較的わかりやすいツボだと思いますが、そこを1、2秒押して1、2秒離してまた押す、ということを数分間押してみてください。

駅のベンチなどで脚を組みながら押すこともできますが、うずくまっているようにも見えますので、気になる方はトイレで押していただくほうがいいと思いますが、このツボを押したあとは、どんどん痛くなるあの感覚がすっと引き、痛みが楽になっているのがお分かりいただけるかと思います。

ツボの位置ややり方などで個人差もありますが、緊急用として覚えていただくとよい方法だと思います。