生理前後の便秘について

生理前後の便秘について

生理一週間前から生理が始まって二日目くらいまで、便秘や下痢に加えておならのにおいに変化があり、不快な思いをされる女性が多いように思われます。

特に生理が始まってからは、生理痛に加えて便秘や下痢となると、仕事や家事に支障が出てきてしまう場合も多いのではないでしょうか。

日頃便秘で悩まれている方は、生理中は下痢で便秘が解消されるからいいという話も聞きますが、健康の観点からいえばそれはあまり良いとはいえないのではないかと思います。

また、おならのにおいの変化は腸の調子が悪い、悪玉菌が増えていることが原因と考えられますので、生理時の腸の不具合3つのうち2つ解消できる便秘の解消から取り組むことで、おならも同時に改善していけたらいいと思います。

便秘が治ったら生理痛が緩和された、という話もよく聞きますので、子宮だけでなく腸の健康にも目を向けていきましょう。

一週間に一回、三日に一回など、便秘でも個人差がありますが、毎日出ていてもすっきりしないという場合には便秘に含まれることもあるそうです。

便秘の原因はいろいろとありますが、野菜などの食物繊維の不足、水分不足、食事量の不足などがあげられ、ダイエットをしている方は便秘になりやすい状況となります。

野菜はよく食べているけど便秘がちで・・・という方の場合は、便の大きさが排出される状態になっていないために腸内に停滞している場合もあるため、その場合には便に水分を含ませるためのミネラルを摂取すると改善されるそうです。

そのミネラルとは、マグネシウムです。

マグネシウムは便に水分を含ませて便のかさ増しをするとともに柔らかくなるため、排出させやすくさせてくれるのです。

マグネシウムの多い食品としてはきなこや大豆、オートミール、煮干、干しエビ、海苔などがありますが、なかなか取れないしすぐに便秘解消したいという場合におすすめなのが、マグネシアという便秘薬です。

この便秘薬はマグネシウムでできているため、腸を動かす便秘薬に比べてお腹が痛くならないというのがとても良いところです。

また、このマグネシアはマグネシウムでできているため、服用するたびに量が増えるということがないため、便秘がひどい方にとって非常に役立つ薬となっています。

生理痛緩和のためにも便秘緩和、頑張りましょう。