生理痛緩和日記をつけてみよう

生理痛緩和日記をつけてみよう

生理痛は生理そのものが原因だけでなく、日々の生活や子宮や卵巣の問題など、様々なことが考えられます。

生理痛緩和のためにご自身ですぐに取り組めることとしては、日々の生活の振り返りとその改善がおすすめですが、いざ取り組もうと思っても、いったい何をどのようにしたらいいのかということで悩まれるのではないかと思います。

生活を改善するために何からはじめるのがいいかと考えた時、いつ何が起こったか、その時に何をしていたかをすぐに思い出せるように、日記を書いてみてはいかがでしょうか。

日々の出来事に加えて、いつもと違うちょっとしたこと、例えばお腹がチクっと痛かったとか寝不足だったとか、すごいストレスを感じたとか、身体に関することやそれに関連することなどなんでもいいので記入するのです。

そして、その時の生理痛がどんな感じだったかを記録しておくことで、何があってどんな痛みがあったかなどのパターンを知る事ができ、生活習慣からの生理痛を緩和するという方法を実践することができます。

今回の生理痛はひどかったなと感じた場合、その日記を読み返し、食生活の乱れがあったとか睡眠不足だったとか、次から改善すべきことがわかってきたりするのです。

生活習慣からの生理痛の場合には非常に有効な方法であり、それでもまったく状況が変わらないといった場合には、専門家に相談するなど別の緩和方法も考えられてきます。

日記帳などをわざわざ買わなくても、ちょっとしたメモ帳に記入するだけで出来る方法です。