生理痛と整体

生理痛と整体

生理痛を緩和するための工夫いろいろと試してはいるものの、なかなか即効性はないから結局毎月鎮痛剤を飲んでしまう・・・

鎮痛剤を飲めば痛みは一気なくなるため、あの辛い痛みを思うとやはり手放せない・・・

生理痛がひどいと鎮痛剤が欠かせないと思いますが、消炎鎮痛剤は身体中の痛みを改善するものであって、生理痛を改善するだけのものではありません。

そう考えると、鎮痛剤の飲み過ぎは身体にとって良くないものではないかと思うのです。

痛くて仕方がないという対処療法ではとても有効ですが、根本的になくすというものにはならないため、生理痛は子宮が原因という概念を離れて、全身のこととして考えることもいいのではないかと思います。

生理痛がお腹だけでなく腰が痛くなるとか頭痛がするとか、様々な痛みがあることを考えると、全身の調整を行うことで改善をする方法があるのではないでしょうか。

そこで整体です。

整体というと骨がバキバキなるという印象から、痛そうだから嫌だというお声を聞きますが、ボキっとならすだけではなく全身調整をする方法もあるのです。

なんか足腰の調子悪いからと行ってみると、肩や腰だけでなく、「生理痛ひどくないですか?」と聞かれたりするから不思議です。

でも何ら不思議ではないそうなのです。

例えば、右膝が痛いからとかばって歩いていると、そのうち左脚が痛くなってきたりするように、患部ではない部分が痛んで辛くなるということがよくあるのです。

ただの生理痛だから・・・といって鎮痛剤を飲むだけでなく、一度全身のことと捉えて調整してみるのもいいのではないかと思います。