生理痛で気持ち悪い状態が続く場合

生理痛で気持ち悪い状態が続く場合

生理痛によって気持ち悪い状態が続く可能性もあります。本当に吐いてしまうわけではなく、吐き気が続くという形です。

生理痛の時になぜこのような状態が起こりやすいのかというと、生理の時には血液を体外に排出するために、プロスタグランジンが分泌されるからです。これが分泌されることで胃腸が収縮するため、吐き気が生じやすいと言われています。この分泌量については個人差がありますので、生理の時に全員が吐き気で悩まされるわけでは無いのです。

また、生理中はホルモンバランスが変化します。そうすると自律神経のバランスが乱れるために、吐き気などの症状が現れやすくなります。吐き気という症状は、特に胃腸機能が弱い人に起こりやすいと言えます。

もしあまりにも気持ち悪い状態が続くのであれば、受診してみましょう。病院であれば薬を処方してもらえますし、もしかすると関係している他の病気も発覚するかもしれません。そのまま放置するのは良くありませんので、症状次第では病院を受診して検査を受けましょう。