生理痛で救急車を呼ぶ事に対して

生理痛で救急車を呼ぶ事に対して

生理痛が非常に辛い時、救急車を呼ぶ人もいるようです。しかし、一般的に救急車を呼ぶというのは、自力で病院に行くことが出来ない、生死をさまようような時だという認識が強いでしょう。生理痛で救急車を呼んだと言えば、そのような事で救急車を利用するのはおかしいと思われるかもしれません。

生理痛がひどく、救急車を呼ぶのは出来ればやめた方が良いでしょう。しかし、人によっては意識がもうろうとすることもあると思います。また、異常なほど出血しており、生理痛の痛みがひどい為に、自力で病院に行くことが出来ない場合は救急車を利用しても良いかもしれません。

すぐに救急車を呼ぶのではなく、まずは身近な人に連絡をしてみましょう。もしかすると、その人がすぐに駆けつけてくれる可能性もあります。病院に連れて行ってもらえるかもしれません。それなら救急車を呼ぶ必要は無くなるはずです。

また、症状がひどくなりそうだと感じたらタクシーを呼んで病院に行くのも良いでしょう。病院に行くことが出来れば対応はしてもらえるでしょうから、まずは自力で病院に行くことが大切です。

このように救急車を呼びたくなるほど生理痛がひどい人は、あらかじめどのような対応をするか考えておくと安心です。事前に家族、友人などに自分の生理痛の症状を伝えておき、万が一の時には連絡して助けてもらえるように話しておくと良いと思います。対応策は色々とありますので、出来る限り救急車を利用せずに済む方法を考えましょう。