生理痛に効く漢方の副作用について

生理痛に効く漢方の副作用について

生理痛に効く漢方の副作用は色々あります。たとえば、副作用として便秘になるものもありますし、反対に下痢になりやすい漢方薬もあります。その他、腹痛、吐き気、食欲不振などの副作用が生じることもあります。

また、過剰摂取によって高血圧やむくみが生じることもあります。もちろん、いくら安全性の高い漢方薬でも、飲み過ぎは良くありません。用法・用量を守って服用することが大切ですから、トラブルを避けるためにも、自分で飲む量を増やすことが無いようにしましょう。特に天草が配合されている場合は、過剰摂取しないことが大切だと言われています。

体調が弱っている時に服用すると特にこのような副作用が生じやすくなります。体調が悪い時には注意して、万が一のことを考えて飲まないようにしても良いでしょう。確かに生理痛を我慢するのは辛いかもしれませんが、出来る限り副作用が生じないように気を付けることも大切です。