低用量ピルと生理痛

低用量ピルと生理痛

市販の鎮痛剤、病院の鎮痛剤や座薬など、アレルギーで飲めない方はいらっしゃいませんか。

私自身がそうで、現在鎮痛剤のほとんどは飲むことができないでいます。

そんな時すすめられた低用量ピルですが、生理痛がひどく薬が飲めない方にとっては非常に有効なようですね。

でも、毎日欠かさずに飲むということがめんどくさいと思ったこと、痛みだけに目が向いてしまっていてその原因を治すことではない、というところになんとなく疑問を持ち、処方されたピルを飲まずにいました。

やはり生理はきて生理痛は相変わらずで、どうにもならないと思っていたとき、鍼灸の先生に出会いました。

その先生はこんなことを言っていました。「ピルを一度でも飲んだことがある人の施術は断っています。身体を変えているので、鍼灸が効かないんです。」

そう、痛みだけに目を向けるのではなく、なぜその痛みが起こっているのか?をしっかり考え、その対処をしなければならないのではないか、そう思います。

遠回りに見える温めるということでも、身体を自然に変えて生理痛を改善するという方法ですので、こちらのほうが自然で身体に安心です。

忙しい時間を過ごしていると目の前のことばかり考えてしまうのは当たり前かもしれませんが、ご自身の身体を健康に保つためにも、なぜその痛みが起こっているのかを考えそれに対しての改善方法をしていただきたいと思っています。

低用量ピルが必要な方もいらっしゃるかと思いますが、どこが原因なのかがわかったうえでの処方ですので、そういった場合には安心して飲んでください。