腰とお腹の生理痛、どちらを温めたら楽になるか

腰とお腹の生理痛、どちらを温めたら楽になるか

人によって異なる生理痛の場所は痛さ。

あまりにひどい腹痛で倒れる人もいれば、ちょっとした腰痛だけを感じる人もいますが、お腹と腰の両方に痛みを感じる人もいて、千差万別の生理痛です。

簡単な方法は鎮痛剤を服用することで、痛みを感じることを緩和してくれるために、腹痛だろうが腰痛だろうが、なんにでも効果がありますが、薬をなるべく飲まないで楽になる方法はないものかと、自分自身で試してみました。

腰とお腹を別々にわけての実験となります。

お腹が痛い場合には、おへそよりしたの下腹部と、足と足首を温めると痛みが緩和します。

腰が痛い場合には、腰とお尻を温めると、あのじんじんとした嫌な痛みが緩和することが分かりました。

両方が痛い方の場合には、下腹部とお尻を温めると効果があるようです。

そして、ひどい腹痛の時には吐き気も伴い動けなくなったりしますが、腰痛のほうがひどい場合には、温めたうえで軽く動いたほうが痛みが楽なことも分かりました。

個人によって痛みの感覚が違うので100パーセントとは言えませんが、腰痛だけの場合には、お風呂に入ったり散歩をしたりしたほうが痛みが楽になる傾向がありようです。

子宮が収縮することで痛くなる生理痛は、子宮の周りが固くなることで痛みを感じる場合もあります。

そういった場合には、動くことが有効かと思いますので、ひどい腹痛でない場合には、ぜひ軽い運動を試してください。