生理痛の時にお酒と薬を同時に摂取しても問題ない?

生理痛の時にお酒と薬を同時に摂取しても問題ない?

生理痛がひどい時に鎮痛剤を飲む人もいるでしょう。薬を飲んでいる時にお酒を飲むと、体調を崩すなどのトラブルが生じることもあります。鎮痛剤も例外では無く、体質や薬の成分によっては、トラブルに繋がることもありますので注意してください。

トラブルを避けるためには、念のため薬を飲んでいる時はお酒を飲まないようにした方が良いです。薬の効果はある程度の時間持続しますので、たとえ夕食後に服用して、夜遅くにお酒を飲んだとしても、まだ薬が体内に残っている可能性もあります。生理痛がひどい時に薬を飲むのを我慢する方が辛いと感じる人も多いでしょうから、それなら少しの間だけお酒を我慢しましょう。

また、医療機関で生理痛に効く薬を処方してもらっている方は、医師に相談してみてください。薬の服用中にお酒を飲んでも問題ないのかどうか聞き、医師が大丈夫だと判断したのであれば、飲んでも良いと思います。それでも絶対にトラブルが起こらないとは限りませんので、万が一気になる症状が現れたら、お酒を飲むのを中止しましょう。